埼玉県川口市で アルミサッシ・ガラス・アミド・エクステリア・鏡等自社施工のお店です

サッシの戸車

サッシの戸車

戸車

サッシの動きが悪いのは戸車がすり減ったのが原因 という場合が多く、下枠のレールまですり減って、開け閉めに苦労するばかりか、施錠にも問題が起きて防犯上不安 という窓もあります。

では戸車を交換すれば良いのでは? と考えますが、これが意外と大変なのです。

戸車の種類

戸車にはそれぞれのメーカーによって取り付ける方式が違います
そのうえサッシの種類・大きさ・新旧によって大変多くの種類があり、ひとつのメーカーだけでも部品カタログには多くのページが費やされています。
さらには、パッと見た目だけでは良く似通っていて区別のつかないものまであり、きちんとサッシの型式と戸車の寸法を測っておかないと、なかなか目的の戸車が入手できないというのが実状です。

実際、何でも良いから適当に交換 というわけにはいきません。
サッシに取り付けできるか、できないか、それだけでも戸車を特定するのに苦しみます。

戸車の交換

このようなわけで、私どもが現物を採寸して、それに合う戸車を見付けるという作業になるわけですが、合う物が見つかるまで、または納品されるまで時間が掛かることもあります。
メーカーに在庫が有ればよいのですが、今は無い場合や廃盤になって製造中止ということも。そのときは何か他の物で間に合わせなければいけません。
どうしても無い場合は壊れた戸車を改造して修理することもあります。
金額は掛かってしまいますが、なんとかして動かしたいというご要望の時はその方法もあります。

トステムの場合は古い部品の入手性が良く、比較的早く部品が調達可能です。価格も高くはないと思います。
トーヨーサッシの頃に製造されたサッシも部品カタログに載っている物なら入手は容易です。

戸車が調達できましたら取付・調整を行い、完了となります




お問い合わせはクリックしてメール←ここをクリック

powered by Quick Homepage Maker 4.74
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional